HOME > ブログ > bonyのブログ > 妨害電波発信機は圏外にする装置

ブログライター

bony
bonyのブログ
年代 20代前半
性別 男性

メッセージを送る※ログインが必要です。

ブログ

TITLE.
妨害電波発信機は圏外にする装置
DATE.
2017年06月19日 17:04:46
THEME.
未分類

このGPS 3G携帯電話の妨害機は車で簡単に使用することができるように冷却ファンと車の充電器で設計されていると同時に、人が運転して充電される。ポピュラーな2.4GHzの周波数帯もシャットアウトします。 ワイヤレスリモコン付きで離れた場所からスイッチのON/OFFが可能です。アンテナの角度は微調整が自由自在です。車内、レストランなど、様々な業種でご使用いただいております。 携帯電話妨害機を設置している学校があるというが人道の観点から妨害による機器の機能無力化で静を維持するのは生徒の教育に良くないと考える。

携帯電話マナーを教え解決すべきである。妨害電波発信機は圏外にする装置と考えられているので自身の携帯・スマホの受信アンテナマークが圏外になってなければ電波妨害されていないと判断されるかもしれない。る携帯電話 電波遮断を誰でも入手し発射出来る。GPS追跡機を妨害するという使い方もできます。携帯ジャマーは据え置き型からハンディ型まで各種ある。スマホの電波はもちろんWi-FiやBluetooth、そしてGPSまでカットできるのです。

GPS盗聴抑止装置

携帯電話等の通信を抑止する妨害装置は,携帯電話やPHSが使用するものと同じ周波数帯の妨害電波を発信します。これだけの妨害電波を発する装置が,無許可で入手できるのだろうか。携帯電話やPHSの通話を抑止する機能を“完全に”満たしたGPSジャマーは,許可を得なければ違法だということになる。出力にもよるが数メートルから数十メートルの範囲で,携帯電話やPHSは“圏外”の状態になり、発信も着信もできなくなる。

携帯電話抑止装置とは,エリア内の携帯電話の電波をあえて“圏外”にさせる装置だ。携帯電話抑止装置の電波には基地局からの電波に含まれるような制御情報は入っていない。電波が微弱なので劇場などの広い場所では効果はない。独自技術を使い,電波の出力精度を上げたり周辺の周波数に漏れる電波をカットしたりして干渉を防いでいるという。WiFi 妨害機は携帯電話が普及すればするほど必要度が高まる機器と言えそうだ。

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません

コメントを投稿する

ログインしていません